ホットヨガをおこなう時に注意することとは

ホットヨガをおこなう時に注意することとは

ホットスタジオでのホットヨガは世間的に注目されているエクササイズです。
ダイエット効果、美容効果、柔軟効果といった効果があり、
室温38℃で湿度65%となっている汗をかいやすい環境でおこなうため、
気持ち良いくらいの汗を流すことができ、ストレス発散にもなります。
女性を中心にこのエクササイズをおこなっている方は多数おり、
リピーターとなる方の割合も非常に高いです。
 

 

しかし、ホットスタジオでのホットヨガをおこなう前には、
いくつか注意しないといけないことがあります。
まずは、体調が悪い時におこなわないことです。
通常のヨガとは異なり、ホットスタジオでのホットヨガは、
短時間でも体力の消耗は激しく、
体調が悪い時におこなわないようにするのが一番です。
また、体調が良いという理由で、
一日で多くの時間をおこなうのもおすすめできません。

 

また、ポーズに拘らないでおこなうということも大事になります。
プロモーションビデオなどでホットヨガのポーズを見ると、
どうしてもあのポーズをしてみたい、
しなくてはいけないと思う方もいますが、
筋肉の付き方や骨格の違いがあるため、
無理をする必要はまったくありません。
高温多湿の室内では、筋肉が収縮しやすいため、
身体が伸びやすくなっています。
この伸びやすさに油断して、オーバーワークとなってしまう方もいます。
ほかの方と比べるのが目的ではなく、
自分自身の身体としっかり向き合うのが大切であり、
各個人のペースを大事にしてホットヨガをおこなうことが一つのコツと言えるでしょう。